上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Kotobukiya. AVP

■コトブキヤ スカー・プレデター/ARTFX
■コトブキヤ エイリアン・ウォーリアー/ARTFX


Kotobukiya. AVP (1)

Kotobukiya. AVP (2)

Kotobukiya. AVP (3)

テーマ : フィギュア - ジャンル : 趣味・実用

タグ : エイリアン プレデター AVP フィギュア

 

<< 復讐の毒蜘蛛 | Home | ザ・ハンター・オブ・ハンター >>

コメント

コトブキヤの製品はSWのみ持っていたんですけど、造型は素晴らしいんですよね~~。

AVPは色々各メーカーから発売され、あちこちで「コレが凄い」「このメーカーが1番」と話されているんですが、正直、兄貴のこの画像を見たとき、ふと考えてしまった私・・・・「コトブキヤ(国内メーカー)からマケット級の大きさで、かつレジン製の商品でたら、シネマケットを凌ぐんではないか!・・・・」(汗)

海外メーカー物も素晴らしいんですが、私的には、国内メーカーの出す商品がやはり「良い」と最近考える(笑)

ドコモさん

いや!全くその通りですね!

映画系スタチューの世界ではSSが最強!CMが最高!という構図になってますが、日本のメーカーが本腰を入れれば同等、いや!それ以上のモノが作れると思うんですよね。
もともと日本人は小さなモノ作りが得意ですから。
実は僕も以前ご紹介した「メデューサ」を見てドコモさんと同じ様な事を考えてたんですよ。
でも最大の問題点は「ブランド力」なんですよね。
大手コトブキヤでさえも映画系になってくるとやはりその弱さが浮き彫りになってきます。
ブランド力を育てるのは大変な事だとは思いますが、それさえ日本メーカーに備わってくればSSやCMに対抗しうる強大な勢力になると思っています。

日本のメーカーではありませんが、それをヒシヒシ感じているのがホットトイズ社。
もし今の12インチ品質でマケット等をリリースしたら・・・SSは危機的状況を向かえ、CMは完全に喰われちゃうんじゃないかな^_^;

確かに。

ハドソンさんの言うとおり、食われる事必死だと思いますね。

私も、海外製品の「粗さ」が最近やや気になり始めていて・・・・・っていうか、目が確実に肥えてきている(爆)

日本人の技術力は凄いものがありますよね。ガンダムや仮面ライダー、FFの以前所有していた「ガブラス」なんか、金額こそ4万台ですが、作りは最高だと思いました。

ちょっと期待してしまっているのが、バンダイからでている、リアルヒーローズのハイエンド商品かな。

ハドソンさんとはやはり趣向が似ていると実感しているドコモでした(笑)

ドコモさん

海外製品の粗さ・・・気になりますねぇ(T_T)

もうSSPFなんかいい例。
「もうちょっとココなんとかならんのかい?」というのが多々あったりするんですよね。
まぁあの大きさであの価格はSSだからこそ可能だと思われ、僕達ファンとしても嬉しい所ではあるんですが、もう少しピリッとして欲しいというのが本音ですね。
勿論、CMも決して例外ではなく、「あの価格を提示するならもうちょっと頑張ろうよ・・・」と寂しくなります。
CMプレなんかプロトと比べると劣化のオンパレードでもう別物になっちゃってます(涙)
胸のプロテクターの銃創の処理なんかもうショボくてショボくて・・・^_^;

そこで必要になってくるのが「リペを依頼する財力」か「自ら補修する技術力」です。
残念ながら僕は前者ではないので、自分の出来る範囲で補修しています。
勿論、クオリティーをプラスにするチカラはないですが、マイナス部分を“プラマイゼロ”に出来るように頑張っています。

確かドコモさんも“プチリペ”に挑戦されてるんですよね?
結構楽しくないっすか?(^^)
先程、あーだこーだ粗について愚痴りましたが、反面「あっ、ここ直せる出来るなぁ」と補修意欲が湧いてくるのもまた事実なんですよ(笑)

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。