上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
「ロン・ミュエックの世界」


124149981349ffc8a520db1.jpg

ロン・ミュエク(Ron Mueck, 1958年~)はイギリスで活躍するオーストラリアのハイパーリアリズム彫刻家。
ミュエックとも表記される。(ウィキペディアから抜粋)


124149981549ffc8a79eb7e.jpg

124149981849ffc8aa3b3c9.jpg

124149982149ffc8ad35bb4.jpg

124149982449ffc8b011f54.jpg

124149982649ffc8b28e1cd.jpg

そのロン・ミュエック氏の個展、「ロン・ミュエック展」が石川県の金沢21世紀美術館で先月末まで行われていました。

思わず呆然としてしまう程のもの凄いリアリティ!いや、「生々しい」と表現すべきか。
とにかく、あたかもその匂いまで伝わってくる様な素晴らしい作品の数々です。

素材はシリコンにグラスファイバーを混ぜたモノらしいです(全作品かどうかは知りませんが)。
要はシネマケットをよりディテールアップさせ桁違いにデカくした、言わばスーパーシネマケットみたいなシロモノ。

う~ん・・・非常に観たかった!圧倒されたかった!そしてロン氏が伝えたい事を少しでも感じたかった・・・。

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : アート ロン・ミュエック

 

<< あ、あの~3177円で・・・(北社長風) | Home | 「ユーアート/関羽雲長 モグダンVer」嫁に来る! >>

コメント

こ・・これ凄いですね(汗)

まさにスーパーシネマケット(汗)

でかい、リアル、どこまで写っている人は造型品!?と分からなくなっている時点で凄いっす(笑)


・・・・・・・ところでハドソン兄貴、そろそろパンプキンヘッド特集をシャドウミュージアムでお願いしますね(笑)

今から傑作連打の練習しときます。

ドコモさん

凄いでしょ~(^^)

“生々しい”という表現がピッタリきますよね。
ホント匂いまで伝わってきそうです。
このロン氏の作品は大きいモノだけでなく、極端に小さな作品もあり、その殆どが等身大ではないんですが、それにも彼なりのメッセージが込められているみたいですね。

パンプキンヘッドですか?・・・・・・御意!(笑)
まとまった時間がない、モチベーションが上がらないで最近なかなか撮影出来てませんが、次に撮影出来る時が来たらパンプキンで決行しますね!
リクエストありがとうです(^^)

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。