上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 


スターウォーズ・エピソードⅣより



新3部作の様なスピード感こそないものの、崇高なオーラが漂う非常に重みのある殺陣。
さらにムスタファーでの過去の死闘を重ね合わせると“深み”も味わう事が出来ます。

しかしアレック・ギネス氏は本当に魅力的。
何とも味のある役者さんです。
オビ=ワン・ケノービPFを逃がした事を今でも後悔しています。
いつかは我が家に迎え入れたいですね。

こうして見るとライトセーバーを扱うフォームは両手の方が格好いいなぁと改めて思ったり。
鍔迫り合いのアングルがシビれるったらありゃしない!(笑)

あと当時のライトセーバーって日本刀みたいに平たい感じだったんですよね。

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル : 映画

タグ : スターウォーズ ダースベイダー オビ=ワン アレック・ギネス

 

<< スグレモノは遅れてやって来る | Home | 「シネマケット/プレデター」来襲! >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。