上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
DSC08612.jpg

サイドショー「アイアンマン・マークⅥ マケット」が到着!・・・結構前に(笑)
相変わらずグダグダやってる学ばない、俺。

エクスクルーシブVer.にはネームプレートが付属しますが、個人的には“取って付けた感”が否めないのでフツーにノーマルVer.をチョイス。
基本、サイドショー直買いはしたくないんですよね。
トラブルがあった時とかいろいろリスクが高いですし。



DSC08603.jpg

実は最近、新たにコレクションが加わる悦びが薄くなってきたなぁと感じていたんですよね。
何故だかどんなモノでもあんまりワクワクしなくって。
ちょっと自分で心配になっちゃう程。「どうしたのよ!俺!」って。



DSC08604.jpg

がっ!コレは違った!
コレクトを始めた頃の純粋なキラキラ感とまではいかないものの、しばらく感じる事が出来なかったあの感覚を胸の底に確かに感じたんです。
到着を知らせる玄関のベル、大きな期待とちょっとの不安が心地良く混ざる開封の瞬間・・・嗚呼、何だか懐かしい・・・。

良かった。僕は変わっていなかったんだ。
ただちょっと目が肥えてきただけだったんだ(笑)。
だっふんだ。



DSC008605.jpg

続け様に僕を誘惑する魅惑のホットトイズのアイアンマン軍団。
でもアイアンマンそのものに関してはスタチューでの構成を貫きたいので、「僕は1/4スケールでいくんや!デッカイのでいくんや!」そう自分に言い聞かせて今まで我慢してきました。
そんな抑圧された思いが今回の悦びの原動力になったんでしょうね、きっと。
今まで抑えていたモヤモヤを最高のカタチで解放する事が出来ました。

モヤモヤといえばモヤさまの大江アナかわいい。



DSC08618.jpg

DSC08610.jpg
スポンサーサイト

テーマ : フィギュア - ジャンル : 趣味・実用

タグ : サイドショー マケット アイアンマン フィギュア

 
DSC08550.jpg

ホットトイズ 「トニー・スターク/メカテストVer.」到着!

今までホットのアイアンマン関連はことごとくスルーしてきた僕ですが、これだけはどうしても我慢出来なかった・・・。
だってこのメカテストシーンって個人的に超好きなんだもん。
至って普通の人間がいかにして超人と化していくか・・・そこにアメコミ映画の醍醐味を感じます。



DSC08553.jpg

パッケージは一般的な1/6アクションフィギュアと比べると幾分背が高いトールサイズ。
デザインは非常にシンプルで、黒を基調に高級感を全面に演出しています。



DSC08554.jpg

DSC08555.jpg

DSC08556.jpg

DSC08559.jpg

DSC08561.jpg

何でもアリの充実したアクセサリー!というワケではないですが、必要なモノは最低限揃っており個人的には充分レベル。
何よりも劇中でも大活躍(?)した「不器用アーム君」が同梱されているのが嬉しいですね。



DSC08566.jpg

DSC08569.jpg

どうしても我慢出来なかったもう一つの理由、それはこのシャッチョサンのお顔!
今までのホットなシャッチョサン顔は個人的に「ん~・・・」な印象でしたが、今回の顔は全くノープロブレム。
もうそれこそ「ドーン!!」でした。

極上の造形、繊細な眼の描写、リアルな皮膚の質感・・・もう満足を通り越して感動すら覚えましたよ。
こんな感覚を与えてくれるメーカーってなかなかない。
ほんとホットに感謝ですな。

テーマ : フィギュア - ジャンル : 趣味・実用

タグ : ホットトイズ アイアンマン トニー・スターク 不器用アーム

 
DSC08540.jpg

等身大のダース・ヴェイダー・・・それは映画系トイを集め始めた当初からの僕の夢でした。
早く所有したいという物欲よりも、純粋に「見たい!会いたい!」という気持ちが強かったですね。
他のコレクターさんの所有する等身大ヴェイダーを見ては溜息をつく日々が永い間続きましたが、それもやっと終わりを告げそうです!

到着!サイドショー「ダース・ヴェイダー/ライフサイズバスト」

全身スタチューではなくバストという形体ではありますが、夢はほぼ成就されました。
何度もプロップサイズマスクに逃げそうになりましたが、いやぁ~待ってて良かった!



DSC08544.jpg

箱はプレデリアンの殺人的大きさを目の当たりにした後なので、それほど脅威に感じませんでした。
むしろ「思ったより開封が楽そう」と思ったくらい。
完全に感覚が狂っちゃってますね・・・(汗)



DSC08542.jpg

とは言えデカい箱に変わりはなく、開封は予想外に難航。
ヘルメットが超キツくて取り出せないので、周りの発泡スチロールを少しずつ砕いていたら、ふと下から針金で固定してある事に気付く・・・。
おそらく僕ってオッチョコチョイ野郎Aチーム(苦笑)

心配していた、というより覚悟していた表面の傷ですが、意外に目立ったものは殆どなくて感心安心。
サイドショーらしく、よく見るといい加減なところも少々ありますが、出来映えは概ね良好ですね。


このアイテムの目玉とされるアナキン親父ヘッドもなかなかの高クオリティー。
サイドショーの人物系ライフサイズは大抵大味なのが関の山なんですが、このアナキンは結構チカラ入ってますね。
要である眼はドールアイではないものの、細かいプリントによってしっかり表現されています。



DSC08543.jpg

そして地味ではありますが必須だと思われるエクスクルーシブ版のディスプレイ・スタンド。

てっきり空洞のプラスティック製だと思いきや、意外にもしっかりズッシリしていたりでビックリ。
おそらくお得意のポリストーン製だと思われ、軽めのPF程の重量がありますね。
ヘルメット部は上部と後ろで固定するのでそこそこの安定感はあります。
でも欲を言えばもうちょっとカチッと感が欲しかったかな。



DSC08549.jpg

一応、成就したはずの夢ではありますが、ぶっちゃけリアルに等身大の迫力を味わった分、「全身だったらどんなだろ・・・(妄)」と出てきてはイケナイ“第2の好奇心”が生まれてきたのは事実(笑)

でも焦らない焦らない・・・つかそんなお金どこにあんのよ、オレ。
コレクター人生まだまだこれから!
その夢は生涯の目標として大事にしていこうと思います。

テーマ : フィギュア - ジャンル : 趣味・実用

タグ : サイドショー スターウォーズ ダースベイダー アナキン ライフサイズ

 
DSC08517.jpg

サイドショー「エンジェル・オブ・デス/ライフサイズバスト」が本家サイドショーから到着!
ウェイトリストからの繰り上がりで入手しました。

「パンズ・ラビリンス」を観てからというもの、「いつかはギレルモ・デル・トロ監督の世界をコレクションに!」と思っていたので、とりあえずの達成感みたいなものを感じましたよ。



001.jpg

とは言っても「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」を観た時のデス様のファーストインパクトは正直言って微妙だったんですよね。
それまでてっきり悪の親玉だと思い込んでいましたから(笑)

でもチョイ役という体で再度映画を観た時に、何か「ガツン!」とやられた感じがしました。
どう説明したらいいか分んないですが、とにかく「ガツン!」です。
その瞬間からだと思います。デス様の魅力にグイグイ惹き込まれたのは。



doc0499dc8c9a0b51929572631.jpg

いやぁ~何でこの良さが今まで解らなかったんだろう!

芸術的とも言えるその神々しさは間違いなくデル・トロワールドを体現してますし、ダグ・ジョーンズ氏(他にもエイブ・サピエン、シルバー・サーファー等を演じてます)のパントマイマーらしい繊細な動きにシビれまくりです。

映画のキャラクターとしてだけでなく、モダン・アートとしても通用しそうな美しさを兼ね揃えてますね。



DSC08519.jpg

ライフサイズ物はまだあまり所有していませんが、目の当たりにする度に思う事があります。
「等身大から受ける圧力はスケール物の比じゃないな」って。

まぁ1/4や1/3と言えど、所詮はミニチュアに過ぎませんので比べるのはどうかとも思いますが、同じ映画系トイとして見るとやはり別格と言わざるを得ません。

“鑑賞ではなく体感”出来るところがライフサイズ系アイテムの最大の持ち味なんですよね。



DSC08522.jpg

造形やモールドに関しては完全無欠のパーフェクト!
てかオリジナルのムービーマケットがコレとそっくりなので、おそらく純粋な複製品じゃないかなぁ。
なのでプロップレプリカとしての味わいもモールド一つ一つに感じる事が出来る・・・気がします(笑)
・・・もし間違ってたらゴメンなさい(汗)

イメージではヘルボーイのPF(ゴールデン・アーミーVer.)と組み合わせるとカッチョ良さげなんですが、如何せんなかなかお値打ちのモノがないんですよねぇ。
でもいつかは実現したいDEATH!

テーマ : フィギュア - ジャンル : 趣味・実用

タグ : ヘルボーイ ゴールデン・アーミー サイドショー エンジェル・オブ・デス ダグ・ジョーンズ ライフサイズ

 
DSC08507.jpg

DSC08508.jpg

前回の記事でもチラッとお伝えしたように、プレデリアン・ライフサイズバストと一緒にこんな大物までが到着!
サイドショー 「エイリアン・ウォーリアー マケット」

発売のタイミングが一緒・・・予約注文した当時は確かにそう記載されてましたが、まさか本当に同時だなんて(汗)
いつも十中八九遅れますやん!
こんなデカいモノに限って律儀に約束守らなくてもいいのに。

玄関に山の様に積まれたダンボールを前に、ただただ苦笑するしかなかった無力な僕。



DSC08503.jpg

正直、先日のプレデリアンの圧倒的な迫力の前に完全に霞んでしまった感のある今回のウォーリアー君。
何だかいちまち検品するテンションになれず、先日までずっと放置しておりました。

でも重い腰を上げ、いざ開封してみるとそんな気持ちが一転!
腕パーツとご対面した辺りからジワジワと喜びと実感が復活しました。
せっかく頑張って高価なモノを買ったんだから高揚感も楽しまなくっちゃね!



DSC08504.jpg

クオリティーに関しては厳しい目で見ると“フツー”。
というのも、プレデリアンやドッグ・エイリアン等の過去のマケットと比べると若干見劣りして見えるんですよね。
造形、塗装共にサイドショーならもう少しやれたんじゃないかなって思いました。
欲を言うならもう少し生々しさというか生物的な美しさが欲しいかも。



DSC08505.jpg

DSC08506.jpg

でも救いは救いでちゃんとアリ!
それはポージングに見られるサイドショーの芸達者ぶり。

「これぞウォーリアー!」という程ではないにしろ、ウォーリアーの個性、劇中の雰囲気を巧く再現しているポーズと言えると思います。
これがもし在り来たりの立ちアタックポーズだったら、僕的には“芸がない”と見なしていたと思うなぁ。

ただポーズがポーズだけにあまり目線より下の位置にディスプレイしてしまうとアイテムが死んじゃうかも。
勿論あくまで個人的な見解ですが、ある程度の高さを持たしてあげた方が真価を発揮するんじゃないかな。




DSC08514.jpg

ALIENS



DSC08510.jpg

This Time・・・



DSC08511.jpg

It's War.

テーマ : フィギュア - ジャンル : 趣味・実用

 

| Home |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE

powered by まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。